beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

世界の頂点を狙うユベントス会長、ロナウド級の補強に再び意欲「次は25歳のCR7」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンサービスをするアンドレア・アニェッリ会長

 ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が、イギリス紙『ファイナンシャル・タイムズ』のインタビューにおいて、今後の補強について明かしている。

 ユベントスは今夏、レアル・マドリーから世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、世界の注目を集めた。だがロナウドの加入は、ユベントスにおいて序章に過ぎないのかもしれない。アニェッリ会長は、新たな構想を練っている。会長はユヴェントスを世界最高峰のクラブへと導きたいと考えており、33歳のロナウド獲得だけでは満足せず、ロナウド級の若き才能の獲得を狙っていることを明らかにした。

「次のクリスティアーノ・ロナウドを獲得できるようにしなければならない。だが年齢は25歳だ。世界の頂点へとつながる道を少しずつ計画していくつもりだ」

 このためにも収入源の確保が必須となる。『トゥット・スポルト』によれば、ユヴェントスは数カ月以内にもスポンサーとの契約料の見直しを検討している。ロナウドの加入によりクラブの市場価値が増し、値上げが見込まれる。アニェッリ会長は、獲得以前からロナウドのピッチ外での効果も想定に入れていたと明かす。

「入念に評価を算定した。彼はピッチ内だけでなく、ピッチの外でも存在感を放つ選手だ。ユヴェントスにおいて、技術部門と商業部門が一丸となってコストや利益を算出したのは、今回が初めてのことだったよ」

●セリエA2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP