beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ポグバが全得点に絡む2ゴール1アシスト!マンU、スイス王者に完封勝ちで白星スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加

この試合で得点を挙げたポール・ポグバ(左)とアントニー・マルシャル

[9.19 欧州CLグループリーグ第1節 ヤングボーイズ0-3マンチェスター・U]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、グループリーグ第1節を行った。H組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でスイス王者ヤングボーイズと対戦。MFポール・ポグバの2ゴール1アシストの活躍によりユナイテッドが3-0で勝利した。

 ユナイテッドは15日のプレミアリーグ第5節ワトフォード戦(2-1)から先発5人を変更。DFルーク・ショーとMFフレッジ、FWアントニー・マルシャル、FWマーカス・ラッシュフォード、そして今季ポルトから加入したDFディオゴ・ダロットが新天地デビューを果たした。一方で、ヤングボーイズの本拠地スタッド・ドゥ・スイスが人工芝のため、膝に不安を抱えるMFアントニオ・バレンシアの帯同を見送った。

 試合は、ボールホルダーへの寄せが早く、球際で激しいヤングボーイズが切れ味の鋭いカウンターを仕掛け、ユナイテッドゴールを脅かした。前半8分、右サイドからDFケビン・ムバブが上げたクロスを身長192cmのFWギョーム・オアロがヘディングシュート。15分には、DFモハメド・アリ・カマラがPA手前から右足ミドルシュートを放つが、GKダビド・デ・ヘアに右手一本で弾き出された。

 ポゼッション率は相手を上回るが、なかなかシュートまで持ち込めないユナイテッド。前半22分、左サイドからショーが低い弾道のクロスを送り、ニアに走り込んだラッシュフォードが右足で合わせたが、左ポストを叩く。それでも、先制点を奪ったのは地力で勝るユナイテッドだった。

 前半35分、ポグバがPA左手前のフレッジにくさびのパスを送り、こぼれたボールをポグバが回収。細かいタッチでシュートコースを作って左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール左上隅に突き刺さり、先制に成功する。さらに43分、左サイドからショーがダイレクトで中央に折り返し、ムバブのハンドを誘発。このPKをポグバがきっちり決め、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドのヤングボーイズは後半14分、MFジブリル・ソウに代えてMFミシェル・エビッシャー、20分に FWクリスティアン・ファスナハトに代えてMFニコラス・エンガマルと手を打つが、決定的なシーンを作り出すには至らない。すると、ユナイテッドは21分、ドリブルでボールを運んだポグバがスルーパスを送り、マルシャルがPA左から右足を振り抜く。これがカマラの足に当たってゴールネットを揺らし、3-0。試合を決定づけた。

 後半24分、ユナイテッドはラッシュフォードとフレッジを下げ、MFフアン・マタとMFマルアン・フェライニを投入。29分にはCKからカマラの右足シュートが右ポストを叩く場面もあったが、ポグバに代えてMFアンドレアス・ペレイラを投入する余裕をみせたユナイテッドが3-0で完封勝ち。白星スタートを切った。

 なお、第2節は10月2日に行われ、ユナイテッドはホームでバレンシア(スペイン)、ヤングボーイズはアウェーでユベントス(イタリア)と戦う。

●プレミアリーグ2018-19特集
●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集

TOP