beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

筑波大MF鈴木徳真の来季徳島加入が内定!「徳島の地で多くの感動と喜びを」

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ入りが内定したMF鈴木徳真(4年=前橋育英高)

 徳島ヴォルティスは21日、筑波大所属MF鈴木徳真(4年=前橋育英高)の2019年シーズン加入が内定したことを発表した。

 1997年生まれの鈴木は前橋育英高3年時にキャプテンを務め、選手権で準優勝。U-16から各世代別代表の常連として名を馳せ、鳴り物入りで筑波大に進学した。今年2月にはJ2徳島のキャンプに参加し、全日本大学選抜にも選出されていた。

 クラブを通じてコメントを発表し、「幼い頃からの夢であるプロサッカー選手のスタートを徳島ヴォルティスの選手として踏み出せることをとても嬉しく思います。今まで多くの方々に支えられて今の自分があると考えています。これからは徳島の地でファン、サポーター、チームメイト、関係者の皆様に多くの感動と喜びをお届けできるよう日々精進していきたいと思います」と決意を表明。筑波大を通じても、「筑波大学としてプレーできる残りの試合を1試合1試合全力で臨みたいと思います。今後とも応援をよろしくお願い致します」とコメントを発表した。

以下、クラブ発表のプロフィール

●MF鈴木徳真
(すずき・とくま)
■生年月日
1997年3月12日(21歳)
■身長/体重
168cm/64kg
■出身地
栃木県
■経歴
大谷東FC-FC古河-前橋育英高-筑波大

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP