beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールが開幕6連勝!サラーがダメ押し、先発シャキリは2点絡む

このエントリーをはてなブックマークに追加

3点目を決めたFWモハメド・サラー

[9.22 プレミアリーグ第6節 リバプール3-0サウサンプトン]

 プレミアリーグは22日、第6節を各地で行った。リバプールはDF吉田麻也の所属するサウサンプトンを本拠地アンフィールドに迎え、3-0で勝利。開幕6連勝を飾った。なお、ベンチスタートの吉田に出番はなかった。

 18日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第1節でパリSGに3-2で競り勝ったリバプール。中3日の今節は3人を入れ替え、今夏加入のMFシェルダン・シャキリ、DFジョエル・マティプ、そしてFWロベルト・フィルミーノが先発復帰した。一方のサウサンプトンは17日のブライトン戦から2人変更。リバプールからレンタル中のFWダニー・イングスはベンチ外となり、MFオリオル・ロメウとDFマット・ターゲットが先発起用された。

 攻守にバランスの取れたリバプールが試合を優勢に進めると、前半10分に先制点。左CKのクリアボールをMFサディオ・マネが回収し、PA左へスルーパスを送る。これをシャキリが受けて右足を振り抜くと、FWシェーン・ロングとDFベスレイ・フートに当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールによりスコアを動かした。

 さらにリバプールは前半21分に右CKを獲得すると、キッカーのDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが右足でクロスを入れ、マティプが打点の高いヘディングシュート。少々距離はあったが、ゴール左上隅のコースに飛び、追加点を挙げる。アディショナルタイム3分には、サラーがゴール正面やや右でFKを獲得。キッカーのシャキリが左足で蹴り込んだシュートはクロスバーを叩いたが、詰めていたサラーが押し込み、3-0とした。

 前半でほぼ試合を決定づけたリバプールは、ハーフタイムで2点に絡んだシャキリを下げ、MFジェームス・ミルナーを入れる。後半もリバプールのペースで試合は進んだが、8分にアクシデント発生。DFフィルヒル・ファン・ダイクが負傷交代を余儀なくされ、DFジョー・ゴメスをピッチに送り込んだ。ここまで2失点にとどまっている守備の要だけに、ファン・ダイクの状態が心配される。

 後半35分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてMFナビ・ケイタを投入したリバプールは、44分にサラーが左足でゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。後半は追加点を奪えなかったが、リバプールが3-0で完封勝利をおさめ、暫定で首位に立った。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP