beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

神奈川の注目ストライカー、横浜創英FW綿谷は決勝点も不満の結果。「自分の技術不足です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜創英高のエースFW綿谷航平は1得点も不満の結果に

[9.22 選手権神奈川県予選2次2回戦 麻布大附高 1-2 横浜創英高 横山公園]

 1-0で迎えた後半アディショナルタイム2分、横浜創英高はMF金子拓真主将(3年)のスルーパスから背番号10が独走する。そしてGKとの1対1から右足シュート。このゴールが決勝点となり、横浜創英は3回戦進出を決めた。

 U-17神奈川県選抜歴を持つ注目エースFW綿谷航平(3年)は、勝利を決定づけたゴールについて「DFが後ろから追ってきていて、GKと1対1で右足を振るか、左足を振るか結構迷っていたんですけれども、自分は右足の方が確実だと思ったので、右足で逆サイドネットに入れました。1-0だと追いつかれたら向こうに波が傾いてしまう。あそこで決められて良かった」と説明。ただし、「きょうは3点獲らないと」と猛省していた。

 この日は得点シーン以外の決定機が3度、4度。タイミングの良い抜け出し、ショートコンビネーションからフィニッシュの場面に絡んだ。そのスピードによって相手のわずかな隙を決定機に変えていた綿谷だが、この日はシュート精度を欠いていた。

 これには宮澤崇史監督も「きょうの出来だと1点じゃ物足りないですね」と苦笑。本人も「全然ダメ。前半も後半もシュート決められるところがあった。自分の技術不足です」と素直に反省していた。

 インターハイ予選では守りを固めてきた横浜隼人高をこじ開けることができずに無得点でPK戦敗退。サイドからのドリブルでDF2枚を剥がしてクロスを上げることも、中央でラストパスに合わせることもできなかったことを反省する。

「本当に不甲斐ないところがあってチームが勝てなかった」。その悔しさも持って臨んでいる選手権。勝利とゴールへの思いの強さは明らかに増しているが、この日のプレーではチームを勝たせることはできない。

「今大会1試合1得点というのは絶対なんですけれども、チームを鼓舞する声だったり、献身的な守備というところにも重点を置いてやっていきたいと思っています」。関東の強豪大学へ進学予定のFWにとって選手権は、将来のプロ入りへのアピールの場でもある。自分に課したノルマを果たし、今回は頂点までチームを勝たせ続ける。


(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018

TOP