beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

中島翔哉の独り舞台!!全3点に絡む2G1Aでポルティモネンセの今季初白星もたらす

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中島翔哉が2ゴール1アシストの活躍

[9.23 ポルトガル・リーグ第5節 ポルティモネンセ3-2ビトーリア・ギマランエス]

 ポルトガル・リーグ第5節が23日に行われ、MF中島翔哉の所属する18位ポルティモネンセはホームで8位ビトーリア・ギマランエスと対戦し、3-2で勝利した。開幕5戦目にして今季初白星を挙げ、最下位を脱出。5試合連続スタメンの中島は今季初得点を含む2ゴール1アシストの活躍を見せた。

 左サイドで先発した中島は前半5分、FWパウリーニョからのロングパスをPA内左で巧みに収めると、2人のDFに対応されながらも左足を振り抜く。グラウンダーのシュートがゴール右に吸い込まれ、今季初得点をマークした。

 ポルティモネンセは後半20分にオウンゴールで同点に追いつかれるも、同24分に中島のラストパスを受けたパウリーニョが左足で決め、再びリードを奪う。同37分にはビトーリア・ギマランエスのMFオラ・ジョンに2-2とされたが、中島がチームを救った。

 後半41分、GKのパントキックを相手DFがクリアし損ねて裏へボールが流れると、拾った中島が独走。相手GKとの1対1から右足で冷静にループシュートを決め、2ゴール1アシストと圧巻の活躍で3-2の勝利を導いた。

●海外組ガイド
●ポルトガル・リーグ2018-19特集

TOP