beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ハリル監督の新天地はナントに決定!! 酒井宏、川島とリーグ・アンで再会へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナントの新監督に就任したバヒド・ハリルホジッチ

 リーグ・アンのナントは2日、元日本代表指揮官のバヒド・ハリルホジッチ氏が新監督に就任すると発表した。契約期間は2020年6月までの約2年間。同日午後からのトレーニングに合流し、7日に行われるリーグ第9節のボルドー戦からベンチ入りするという。

 ナントは今季のリーグ・アンで19位に沈んでおり、同日、今季から就任したポルトガル出身のミゲル・カルドーソ監督との契約を双方合意の上で解除。後任として、かつてクラブのエースストライカーを務め、2度の得点王を獲得したレジェンドに白羽の矢を立てた。

 ハリルホジッチ監督は1981年から86年にかけてナントに在籍しており、これが32年ぶりとなる復帰。83年と85年にはリーグ・アンの得点王に輝いた実績から、2018年4月、同クラブのサポーターが選ぶ歴代ベストイレブンにも選出されている。

 ハリルホジッチ監督は今年4月に日本代表を解任されて以降、さまざまな代表チームやクラブチームからのオファーを受けているとされていたが、初めての正式契約。日本代表でも共に仕事をしたフィジカルコーチのシリル・モワンヌ氏も同時にナント入りした。

 リーグ・アンには現在、マルセイユDF酒井宏樹、ストラスブールGK川島永嗣が在籍しており、リーグ戦での再会が実現する見込みだ。

●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP