beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10人アンデルレヒトが無得点でEL2連敗…森岡亮太は終了間際に途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンデルレヒトはホームでディナモ・ザグレブに屈した

[10.4 ELグループリーグ第2節 アンデルレヒト0-2ディナモ・ザグレブ]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第2節が4日に行われ、MF森岡亮太の所属するアンデルレヒト(ベルギー)はホームでディナモ・ザグレブ(クロアチア)に0-2で敗れた。ベンチスタートの森岡は後半44分に途中出場。第3節は25日に開催され、2連敗のアンデルレヒトは本拠地でフェネルバフチェ(トルコ)、2連勝で首位キープのディナモ・ザグレブは敵地でスパルタク・トルナバ(スロバキア)と対戦する。

 ホームにグループ首位のディナモ・ザグレブを迎えたアンデルレヒト。前半19分、DFオグニェン・ブラニェシュが与えたPKをMFイゼト・ハイロビッチに左足で決められると、後半1分にはブラニェシュが2枚目のイエローカードを受け、退場処分となってしまう。

 10人での戦いを余儀なくされたアンデルレヒトは後半23分にも失点。MFアメル・ゴヤクのミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、GKトマ・ディディヨンの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。

 森岡は0-2の後半44分に最後の交代カードとして途中出場。同アディショナルタイム3分にはディナモ・ザグレブも退場者を出したが、アンデルレヒトは前節スパルタク・トルナバ戦(0-1)に続く無得点で2連敗を喫した。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP