beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

準決勝の“借り”返す完封勝利!埼玉県CB田中「このチームで優勝できて良かったです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県CB田中颯太は準決勝の“借り”を返す活躍

[10.4 国体少年男子決勝 埼玉県 1-0 石川県 テクノポート福井総合公園スタジアム]

 準決勝後のモヤモヤ感は、全て吹き飛ばした。埼玉県のCB田中颯太(大宮ユース、2年)は幾度かピンチがありながらも、ゴールを守り抜いて1-0での勝利に貢献。オウンゴールを記録した準決勝の“借り”を見事に返して、日本一を喜んだ。

 この試合に懸けていた。チームに迷惑をかけた分を必ず取り戻すつもりだった。「試合中もずっと声出していたんですよ。絶対に負けたくなかった」と田中。冷静な読みでボールを奪い取るCBは、普段以上に気持ちを込めて戦い、ゴールを死守した。

 表彰式後には「今日は相手のFWに仕事をさせなかったんじゃないかなと思います。勝てて嬉しいです。このチームで優勝できて良かったです」と笑顔。大宮ユースでSBを務める田中は、寮で同部屋の盟友・CB村上陽介(大宮ユース、2年)とのCBコンビで戦った5試合についても「良かったんじゃないかと思います」とまた頬を緩めていた。

 早生まれ選手として1学年後輩の選手たちと戦った国体で、チームが一つになることの大切さを再確認した。「国体を通して一番思ったのがチームで一つになれたこと。一つになって優勝っていう目標に向かって戦えたことが大きかったんじゃないかと思います」。それをチームに持ち帰り、伝えて、また新たな目標へのスタートを切る。

「この経験をチームで還元して、自分が年代別代表とか狙えるようにこれからも努力していきたいと思います」。再び日本一、そして代表入りへ。仲間たちと一丸となって戦い、逆境も乗り越えた5試合の経験、日本一になった自信を今後の活躍に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)
●第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」特集

TOP