beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

途中出場の植田が逃げ切り貢献…セルクル・ブルージュは8月以来の白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF植田直通は後半40分から途中出場

[10.5 ベルギー・リーグ第10節 セルクル・ブルージュ2-1シャルルロワ]

 ベルギー・リーグ第10節が5日に行われ、DF植田直通の所属する11位セルクル・ブルージュはホームで9位シャルルロワと対戦し、2-1で勝利した。連敗を2で止め、6試合ぶりの白星。ベンチスタートの植田は後半40分に投入され、2試合ぶりの出場を果たした。

 リーグ戦5試合未勝利(1分4敗)のセルクル・ブルージュは前半31分に先制。左サイドのDFヨアン・エティエンヌからのクロスにFWディラン・デ・ベルダーがヘディングで合わせると、右ポストを叩いたボールがネットを揺らした。

 前半32分にシャルルロワのFWビクター・オシムヘンに同点弾を許すも、後半3分に右CKの二次攻撃からMFサビエ・メルシエが送った右クロスが相手のオウンゴールを誘い、2-1と勝ち越す。

 植田はリードして迎えた後半40分、最後の交代枠で途中出場。ハイボールに対して果敢に相手と競り合い、逃げ切りに貢献した。セルクル・ブルージュは8月18日の第4節ズルテ・ワレヘム戦(3-1)以来の勝利をつかみ、順位でシャルルロワを逆転して暫定9位に浮上している。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP