beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

G大阪、好調ウィジョの“代役”アデミウソンが意地の一発「ループを狙えば入ると思った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アデミウソンのゴールでG大阪が勝利した

[10.6 J1第29節 C大阪0-1G大阪 ヤンマー]

 前半45分、ガンバ大阪はMF倉田秋がDFの裏に浮き球を出すと、FWアデミウソンが反応。前に出ていたGKキム・ジンヒョンのポジションを冷静に見極め、ループシュートをゴールに蹴り込んだ。

「ボールが来そうだなというのはあった。2シーンくらい前にも裏を狙ってくれていたし、ボールを自分から要求していたのもあった。最高のボールを出してくれた。GKは出てくるとみせかけて止まったので、ループを狙えば入ると思った。上手く決めることが出来た」

 G大阪は3戦連発と好調だったFWファン・ウィジョが累積警告で出場停止。“代役”としてアデミウソンに白羽の矢が立った。先発は5試合ぶり。今季2得点と苦しむブラジル人ストライカーが意地をみせた格好だ。

 宮本監督もアデミウソンのプレーについて、「効果的なプレーが多かった。体の切れも感じた」と評価。「得点のにおいもあった。シーズン終盤に調子が上がってくるのはいいこと」と更なる期待を語った。

「得点は1点だけでしたが、あと何点か決めるチャンスはあった。ここで満足することなく、もっともっと積み上げて順位を一つでも上げる戦いを続けたい」

 ようやく強さを取り戻したG大阪。背番号9の復活は、今後の戦いに向けてもプラス材料でしかない。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP