beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アザール1G1Aのチェルシーが3戦ぶり白星!代表復帰の吉田は今季リーグ初先発

このエントリーをはてなブックマークに追加

エデン・アザールが1ゴール1アシスト

[10.7 プレミアリーグ第8節 サウサンプトン0-3チェルシー]

 プレミアリーグは6日、第8節を各地で行った。チェルシーは敵地でDF吉田麻也の所属するサウサンプトンと対戦し、3-0で勝利した。ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰で森保ジャパン初選出となった吉田は、今季リーグ初先発。3バックの中央に入り、フル出場した。

 チェルシーは、4日のヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第2節・ビデオトン戦(1-0)から先発9人を変更。GKケパ・アリサバラガとMFウィリアンが引き続き、スターティングメンバーに名を連ねた。対するサウサンプトンは、3日のカラバオ杯エバートン戦(1-1、PK4-3)から4人を変更。DFベスレイ・フートやDFライアン・バートランドらが先発起用された。

 試合はチェルシーのペースで進む。だが、前半26分にサウサンプトンに決定機。左サイドでMFネイサン・レドモンドを追い越してパスを呼び込んだバートランドが左足でクロスを供給し、フリーで飛び込んだFWダニー・イングスが右足で合わせる。しかし、シュートはクロスバー上を越え、先制のチャンスを逃した。

 すると、前半30分にチェルシーが先制点を奪う。MFエデン・アザールのドリブルは相手にカットされたが、素早くボールホルダーにプレスをかけたMFロス・バークリーが敵陣中央でボールを奪い、素早くスルーパス。これをPA中央のアザールがフリーで受け、難なく右足シュートをゴール右隅に沈めて1-0とした。

 前半を最少失点で凌いだサウサンプトンは、ハーフタイムでDFヤン・ベドナレクを下げてMFオリオル・ロメウ
を投入。最終ラインを4バックに変えた。後半の入りは良かったが、セットプレーから追加点を許してしまう。チェルシーは12分、敵陣中央のFKからウィリアンがふわっとしたボールをPA右に送り、FWオリビエ・ジルが左足ボレーで折り返し、バークリーが右足で合わせて2-0とした。

 リードを広げたチェルシーは、後半23分にジルを下げてFWアルバロ・モラタを投入。30分にはウィリアンに代えてFWペドロ・ロドリゲスを入れ、さらに得点を狙った。34分にGKケパがファインセーブで魅せると、35分にはペドロのスルーパスから抜け出したモラタが右足シュート。決定機だったが、GKアレックス・マッカーシーの好セーブに阻まれた。

 チェルシーは後半アディショナルタイム3分、アザールが左サイドからパス交換しながらカットインし、モラタにラストパス。これをモラタがしっかり決め、3-0で完封勝ち。3試合ぶりの白星で開幕からの無敗を維持した。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP