beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

決勝で待望の初ゴール!V弾のエース西川がAFC U-16選手権MVPに!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半18分、U-16日本代表FW西川潤が決勝点

[10.7 AFC U-16選手権決勝 U-16日本代表 1-0 U-16タジキスタン代表 マレーシア]

 決勝戦で待望の初ゴール。エースFW西川潤(桐光学園高)が決勝戦で初ゴールを決めて、U-16日本代表をアジア制覇へと導いた。

 前半から果敢にゴールを目指し、シュート、クロスを連発していたFWは、後半18分にMF中野瑠馬(京都U-18)の左クロスを左足ダイレクトボレー。ゴール右隅にねじ込んだ。

 今大会は初戦からチャンスメーカー役として活躍。その上でシュートを撃ち続けてきたが、GKの好セーブにあったり、シュート精度を欠いたりするなど1点が遠かった。それでも決勝で値千金のゴール。西川は決勝点について、試合直後のフラッシュインタビューで「良いクロスが上がってきて、こういうピッチコンディションだったので、どんな形でも1点にこだわった結果だと思います」と頷いた。
 
 開幕前に「自分が結果を出してチームの勝利に貢献したいと思っています」と語っていた西川はゴール数こそ1にとどまったが、チームを勝たせる活躍。「アジアチャンピオンという目標に対して達成できて本当に嬉しいです」と素直に喜んでいた。

 それでも、満足感はない。「アジアチャンピオンという結果に満足することなく、ワールドカップで結果を出せるように、一致団結して頑張りたいと思います」。AFC U-16選手権の大会MVPにも選出され、個人としても評価されたが、逸材の勝負はここからだ。日常から目標を持って貪欲に成長を目指してきたエースは、さらに一回りスケールアップして来年のU-17ワールドカップを戦う。


●【特設】AFC U-16選手権マレーシア2018
★日本戦全試合はCS放送のテレ朝チャンネル2で生中継!

TOP