beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ中国]作陽が首位で中断期間へ…立正大淞南は4連勝で追走:第15節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018は第15節を7日、8日に行った。

 首位の作陽高(岡山)はMF早川海瑠(3年)とFW桑畑星凪(3年)のゴールにより広島皆実高(広島)を2-0で下した。勝ち点4で2位の立正大淞南高(島根)はFW藤井奨也(3年)が決勝点を決めてファジアーノ岡山U-18(岡山)に2-1で競り勝ち、4連勝を飾った。

 なお、第16節は11月23日に行われる。

【第15節】
(10月7日)
[岡山学芸館高瀬戸内グラウンド]
岡山学芸館 5-0 鳥取U-18
[岡]伊藤柊都(38分)、山田龍之介(47分)、鶴海翔太(60分)、前田光輝(87分)、岡田知也(90分+2)

玉野光南 0-1 高川学園
[高]品部真宗(71分)

[広島皆実高サッカー場]
瀬戸内 1-2 広島ユースセカンド
[瀬]大西健太(72分)
[広]有光空大(18分)、松本太一(33分)


広島皆実 0-2 作陽
[作]早川海瑠(41分)、桑畑星凪(85分)

(10月8日)
[松江総合運動公園陸上競技場]
立正大淞南 2-1 岡山U-18
[立]石橋克之(18分)、藤井奨也(81分)
[岡]中田樹音(45分+1)


【第16節】
(11月23日)
[岡山学芸館高瀬戸内グラウンド]
玉野光南 13:30 瀬戸内

[松江総合運動公園補助競技場]
立正大淞南 13:30 広島皆実

[高川学園サッカー場]
高川学園 13:30 岡山学芸館

[チュウブYAJINスタジアム]
鳥取U-18 14:00 岡山U-18

(11月24日)
[吉田サッカー公園]
広島ユースセカンド 11:00 作陽

※日程は3月発表、変更の可能性あり

●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP