beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-16優勝にU-19も続く…FW原大智「刺激になる。自分たちも優勝できたら最高」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボール回しで汗を流すFW原大智(FC東京)

 “激戦区”のFWで生き残った。U-19日本代表の千葉合宿がスタートし、ボール回しなど軽めの調整を行ったFW原大智(FC東京)は昨年モンゴルで行われたアジア一次予選を経て、最終予選のメンバーにも選出され、「うれしいです。絶対にW杯を勝ち取りたい」と意欲を燃やした。

 日本は今大会でイラク、タイ、北朝鮮と同グループ。激戦が予想されるが、「相手は日本の対策を練ってくると思う。でも、自分たちの力を合わせれば絶対に勝てるチーム」ときっぱり。原自身は昨夏のSBSカップまで世代別代表の経験がなかったが、一次予選のモンゴル戦(7-0)で代表初ゴール。今大会でも結果を残し、チームの勝利に貢献するつもりだ。

「長身を生かしてクロスからのシュートだったり、裏の抜け出しからゴールという形で結果を出していきたい」。足元の柔らかさ、裏を狙う動き出しは元来の武器だが、攻撃陣最長となる189cmに“伸びた”長身FWにはポストプレーも期待される。トップチームに昇格した今季はJ3リーグ20試合出場で3得点を挙げ、ルヴァン杯3試合にも出場。「成長したところをこの大会で出せたら」と、プロ入り後の積み上げを決戦で表現する。

 前日、マレーシアで行われたU-16選手権決勝ではU-16日本代表がU-16タジキスタン代表を1-0で下し、6大会ぶり3度目のアジア王者に輝いた。日本サッカー界にいい流れが続く中、「刺激になる。自分たちも優勝できたら最高だなと思います」と頂点を見据えた。

(取材・文 佐藤亜希子)

●【特設】AFC U-19選手権インドネシア2018
★日本戦全試合はCS放送のテレ朝チャンネル2で生中継!

TOP