beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「梅田が最後にいる」。絶対的な信頼に清水ユースの守護神は応え続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水エスパルスユースGK梅田透吾は期待通りに完封勝利

[10.8 高円宮杯プレミアリーグEAST第15節 FC東京U-18 0-3 清水ユース 東京ガス武蔵野苑多目的G]

 清水エスパルスユースの平岡宏章監督は、「梅田が最後にいる」と背番号16の3年生守護神に絶対的な信頼を置いてきた。この日の試合後もそうだったが、指揮官がU-18日本代表GK梅田透吾(3年)についての信頼を口にするのは、もはや“恒例”と言えるほど。梅田も「ああいうことを言ってくれていることは自分の自信になりますし、自分もそれに応えないといけないという自覚も出るんで本当に嬉しいです」と期待に応えようとしてきた。

 この日は勝てば3試合を残してプレミアリーグ残留の決まる一戦。クラブユース選手権MVPの梅田は無失点で“ノルマ”を果たした。本人は「キックミスが多かった。納得はいかなかったです」と首を振ったが、それでも守備範囲の広さと安定したキャッチング、パンチングを見せていた守護神は堂々の無失点。味方の好守も合わせて、「失点はしていないんでそれは良かったと思います」と頷いていた。

 闘争心が全面に出てくるタイプではなくどこか飄々としているだけに、周囲から勘違いされやすいところがあるのかもしれない。「他人からはやる気がないように見えるし、何がいいんだと見られることもあります」。それでも、試合では状況に目を配って的確な声でチームを動かし、自身のアベレージ高いプレーで勝利をもたらしている。自分のできることに100パーセント力を注ぎ、時にビッグセーブで結果を引き寄せてきた守護神。大活躍だったクラブユース選手権優勝後も、停滞することなく成長できていると本人は感じている。

 今年の高校年代随一と言える実力者はトップチーム昇格がまだ決まっていない状況のようだが、「頑張るしかないんで。あとは流れに任せるしかないですけれども、自分がやることをやって結果を待つだけなので」と迷いはない。Jユースカップ、そしてプレミアリーグ残り3試合も信頼を公言してくれる指揮官やチームメートたちの期待に応えながら、また結果を残して自身の評価に繋げる。
 
(取材・文 吉田太郎)
●2018高円宮杯プレミアリーグEAST特集

TOP