beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野、W杯組合流で決意新た「サバイバルに勝ち残りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

練習でダッシュするMF南野拓実

 代表生き残りを懸けた競争が本格化している。日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は9月11日のコスタリカ戦(3-0)に4-2-3-1のトップ下で先発し、A代表初ゴールをマーク。森保ジャパンの初陣勝利に大きく貢献したが、「自信にはなったけど、僕はまだここで何も成し遂げていない。アジア杯までメンバーに残れるように、ここでもう一回アピールしたい」と貪欲に語った。

 今合宿ではDF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF原口元気(ハノーファー)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW大迫勇也(ブレーメン)の海外組6人がロシアW杯以来の代表復帰を果たし、森保ジャパンに初合流した。「W杯に行っていた選手も合流して、僕個人としてはアジア杯までのサバイバルに勝ち残っていきたい」と決意を新たにしている。

 この日の練習は冒頭部分以外、非公開だったが、ゲーム形式のトレーニングでは実際にW杯組のメンバーともプレーしたようで、「ヨーロッパでプレーしていてW杯に行っていた選手は質が高いし、能力が高い。それは今日も感じた」と、あらためて刺激を受けたようだ。

「それは自分としては分かっていたことだし、自分の良さをそういう選手と合わせていって、チームとしても良くなっていければ」。4-2-3-1のトップ下なら1トップに入る大迫。3-4-2-1の2シャドーなら原口や柴崎との関係も大事になる。「どこでプレーするか、今はまだ分からないけど、一緒に組む選手との距離感を意識したい。相手がどういうプレーが得意か。自分の良さも知ってもらって、お互いの良さを試合で出せれば」とイメージを膨らませた。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP