beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本vsパナマ 試合前日の森保一監督会見要旨

このエントリーをはてなブックマークに追加

公式会見に出席する森保一監督

 日本代表は11日、試合会場のデンカビッグスワンスタジアムで公式練習を行い、12日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦に向けて最終調整した。練習前には森保一監督が公式会見に出席した。

以下、森保一監督の会見要旨

森保一監督
―パナマの印象は。
「パナマはW杯にも出ているし、今回もW杯を経験した多くの選手が来日すると聞いている。非常に力のあるチームだと思っている。我々の力を試すうえでも素晴らしい相手と対戦できると思っている。個人というよりもチームとして相手のことを警戒していきたいと思う。相手のことは情報として持っておかないといけないし、相手のストロングポイントは消して、ウイークポイントを突いていくということをしないといけない。相手のことを踏まえたうえで自分たちに今、何ができるかという部分で選手には個人のプレー、チームとしてのプレーを求めたいし、9月のキリンチャレンジカップから今回のキリンチャレンジカップ、さらにその先へとつながる試合をしたい」

―練習ではビルドアップ、縦につける意識を強調しているが。
「コンセプトとしては全員守備全員攻撃、そしてバランスということを考えている。いい守備からいい攻撃にというところはピッチ内で選手に伝えているし、限られた代表活動の中でトレーニングでどれだけできるかは分からないが、ミーティングではいい守備からいい攻撃につなげるところも映像を使って選手に伝えている。私が監督をやってきたこれまでとコンセプトを変えるということはないかなと思う。攻撃の練習が多いのは、攻撃の連係連動という部分で意思統一するのは難しいことなので、攻撃の練習は限られた時間の中でも多く割いている」

―前回に続いて中島を10番にした意図は。
「背番号で選手がやることが決まっているわけではないし、背番号でチームの中での存在が決まっているわけではないので、私は選手とチームに任せて背番号を決めてもらっている。ただし、サッカーにおいて10番という背番号は、世界的に見てもだれでも付けられる背番号ではないので、その背番号を背負ってプレーするというのは本人が考えて、責任を持ってプレーしてくれると思う」

―これまでの練習の中でW杯組との融合に関して手応えはあるか。
「間違いなく選手は練習の中のオンザピッチで、そしてホテルでのオフザピッチでいろいろなコミュニケーションを取ってくれている。経験を伝え合うという部分では、チームとして日本代表がこれまで戦ってきた経験を共有し合い、共通理解を持っていけていると思う。練習の回数は限られているが、選手はトレーニングメニューの意図をくみ取ってくれて、その中でベストを尽くしてやってくれているので成果は挙がっていると思う。コミュニケーションの部分では、ピッチ内でも一つの現象に対して選手がお互いの意見を出し合ってすり合わせしてくれる場面が多く見られるので、チームとしての融合は確実にできていると思う」

―前回の試合は青山がキャプテンだったが、今回はW杯組も合流したが。
「キャプテンは今回、吉田麻也にやってもらおうと考えている。彼はみなさんご存じのとおり、日本代表の中でもトップクラスの経験の持ち主で、所属チームでも世界のトップのリーグで戦っている。そして自分自身が向上心を持って日々の準備からピッチ内で全力を尽くすこと、チームの中でチームを機能させるために周りとのコミュニケーションを取りながらやってきているのを見て決めた」

―パナマはW杯では引いてブロックをつくっていたが。
「W杯でのパナマの戦い、そしてW杯が終わってからの親善試合を見ると、ブロックをつくって、そこから守備をしてくる戦いをしているということは見受けられる。ただし、今回の我々との戦いで同じ戦いをしてくるかは分からない。そこは相手が引いてブロックをつくってきたとしても、前からプレッシャーをかけてきたとしても、どちらでも柔軟に対応できるように準備していこうと選手に言っていきたい。パナマもW杯が終わって監督が代わっているので、いろんなことを試していると思う。今回の試合でも相手がどういうチャレンジをしてくるかは分からない。我々は相手以上に柔軟性を持って、臨機応変に対応していけるように、そういうチャレンジができればいいなと思っている」

―監督が求めるバランスとは。
「対応力とか、臨機応変に戦うとか、そういうところをよく話すが、相手がどういう戦いを仕掛けてきても、我々がそれに対応していく、変化に柔軟に臨機応変に対応していくという意味でのバランスもある。試合の流れの中で我々が優勢に試合を進められていることもあれば、劣勢で受け身に戦わなければいけないこともある。自分たちが思い描いたことができればベストだが、そうでないときもいろんなバランス感覚を持って対応していければと思っている部分も、バランスという言葉の中には含まれている。ただ、基本的には攻守のバランスということを考えている」

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP