beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナル移籍破談の過去を明かすキャリック「本当に打ちのめされた」…運命を変えた当時17歳の新鋭

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルに移籍する寸前だったと明かすマイケル・キャリック

 元イングランド代表MFマイケル・キャリック氏が2004年にアーセナル移籍に迫っていたことを明かした。自身の自叙伝で明かしている。

 昨季限りで現役を引退して現在はマンチェスター・ユナイテッドでコーチを務めているキャリック氏。2004年にウエスト・ハムからトッテナムに加入したが、このオフシーズンにアーセナル移籍に迫っていたようだ。

 当時のプレミアリーグはユナイテッドとアーセナルの二強時代。2003-04シーズンに無敗優勝したアーセナルに移籍できるとすれば、当時のキャリックにとって夢のようなことだった。

「アーセナルから電話があり、アーセン(・ベンゲル)と会ってくれないかということだった。私はちょうど、ノースロンドンを車で走っていたところだったから、そのままベンゲルの家に行くことになったんだ。自分の頬をつねったよ。『マジかよ、アーセナルに行けるのか? 無敗優勝したインビンシブルズだぞ』ってね」

「私たちはフットボールについて1時間ぐらい話した。ベンゲルはその週末にコミュニティシールドを控えていたんだけど、僕に1時間も費やしてくれたんだ。彼は本当に獲得しようとしているんじゃないかと思ったね。ベンゲルは私に『月曜日にまた会おう』と言ったんだ。私の頭は混乱したよ。アーセナルはプレミアで常に1位か2位のクラブだったからね」

「そして日曜日、アーセナル対マンチェスター・ユナイテッドのコミュニティシールドを自宅で視聴したんだ。セスク・ファブレガスという17歳の少年がパトリック・ビエラのポジションで先発していた。素晴らしい活躍をしていたけど、あまり私が考えすぎることはなかった。日曜日の夜は電話を待っていた。次の日に(ベンゲル監督に会う)準備をしようとね。アーセナルだ! 私は待ちきれなかった」

「しかし、待てど暮らせど電話は鳴らなかった。私はウエスト・ハムの練習に行く必要があった。そんな中、代理人に(当時のアーセナル副会長であるデイビッド・)デインから電話がかかってきた。代理人はメッセージの要旨を教えてくれた。それは『申し訳ない。監督はマイケルを必要としないと言っている。ファブレガスがそこに入る。すまない。取引はない』ということだった。ファブレガスのパフォーマンスがベンゲルの気持ちを変えたんだ」

「本当に打ちのめされたよ。心はすでにアーセナルにあったからね。頭が真っ白になった」

 その後、キャリックはアーセナルの最大のライバルであるトッテナムで2シーズンにわたってプレーしたのちユナイテッドに11シーズン在籍。同クラブのレジェンドとなった。

●プレミアリーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP