beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本入りの阪南大DF大野主将、“レジェンド”田中隼磨の立ち振る舞いに「感激した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本山雅FC入りが発表された阪南大DF大野佑哉(右)。実弟である阪南大GK大野郁哉と2ショット

 松本山雅FCは11日、阪南大DF大野佑哉(4年=山梨学院高)が来季から加入することを発表した。大阪府松原市の阪南大キャンパスで行われた加入内定記者会見には大野に加え、同大の須佐徹太郎監督、松本の南省吾テクニカルダイレクター(TD)も登壇した。

 関西屈指のCBがプロへの第一歩を踏み出した。須佐監督が「小柄だけど、競り合いが強いし、足が速くカバーリングも良い。最近は左足のキックも良くなっている」と評するように、大野はCBとしては小柄な179cmという身長ながらも、身体能力の高さを活かした守備と組み立てする力に長けた選手。高校3年生の頃に即戦力のCBを探していた須佐監督の目に留まり、すぐさま阪南大進学が決まった。

 阪南大では1年目から出場機会を掴み、3年連続で関西学生選抜にも選ばれた。南TDが「うちはボールと人に激しく行くサッカーなので、攻守ともにアグレッシブにプレーできる選手を求めている。コンセプトに合う選手がなかなか見つからない中で、早い段階で合うと判断した」と説明したように、松本は大野が2年生の頃から注目し、何度も視察を重ねた。今年の関西学生サッカーリーグが開幕する前にチーム内では獲得を決断していたが、練習参加する日程が合わず。7月下旬の練習参加を経てからの契約、発表となった。

「左足のキックや前に運ぶプレーが課題と感じた。プロの世界で活躍するためにはもう少し蹴れるようにならないといけないと感じた」と大野。練習参加では課題も痛感したが、プロとして生きていくための新たな指針を得た。

 多くの先輩たちのプレーに刺激を受ける中でも、特に影響を受けたのは松本のレジェンドDF田中隼磨が見せたピッチ内外での立ち振る舞い。「トップチームの練習後に横にある人工芝でスクール生がボールを蹴っていたら、田中隼磨選手が練習後に一緒にボールを蹴っていて、凄い選手でも練習後にスクール生と関わっているんだと感激した」。練習の際も、「俺たちがケツを拭くから、ミスや失敗を恐れるな。こういうチャンスを掴めるのが上に行く選手だから、自信を持ってプレーしろ」と声をかけてもらったという。

 松本は即戦力として期待。南TDは「簡単ではないけど、春からすぐ試合に出るつもりで来て欲しい。クラブとしては大事に育てたい」と語った。それに対して本人は「守る範囲が大きいので、3バックの方がカバーリングという自分の特徴が活かせる」と口にしていたが、3バックの一角としてだけでなく、ウィングバックや右サイドバックでの出場も視野に入っており、様々な可能性を探りながら先発奪取に挑戦することになりそうだ。

 今はキャプテンを務める阪南大のインカレ出場に全力を注ぐが、松本でのプレーにも胸を弾ませている。「松本と言えば、サポーターが熱いと皆がイメージすると思う。実際に試合を観て僕もそのように感じたので、熱いサポーターをさらに沸かせられるようなプレーがしたい。将来的には日本代表とワールドカップ出場を目指しているので、松本山雅FCを代表してそうしたステージで戦えるようになりたい」と意気込んだ。

(取材・文 森田将義)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP