beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「戻るのはトップの仕事のみ」フリーのクリンスマン、複数オファーを拒否していたと告白

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表監督就任の噂もあったユルゲン・クリンスマン

 現在、フリーの元ドイツ代表指揮官、ユルゲン・クリンスマン氏がロシア・ワールドカップを前にいくつかのオファーを断っていたことを明かした。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。

 クリンスマン氏は過去にドイツ代表やアメリカ代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップではアメリカを指揮してベスト16に導いた。現在はフリーの状態だが、仕事に戻る場合はトップの職に限るようだ。

「ロシア・ワールドカップの前にも、4~5チームから打診があった。しかし、彼らの目標はグループリーグを生き残ることが目標だったので、断ることにした。2014年にアメリカ代表で達成したことだ。今の私にとって十分な目標ではない」

「戻るとしたら、ワールドカップの準決勝に進むことを目標としているような協会だ。こういったアプローチがなかったとしても、家庭的な理由があるし、気にすることはない。娘は学校に通っており、来年からは大学だ。状況は変わるからね」

 ロシア・ワールドカップ予選終了後、そして本大会前にはスペインや日本、韓国、サウジアラビアなどが監督交代を決断した。この中のいくつかが打診したと予想するのが妥当なところで、“クリンスマンジャパン”がロシアで実現する可能性もあったのかもしれない。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP