beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「1月に移籍はしない」アザール、“相思相愛”レアルへの移籍は来夏?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンの移籍はないと断言したエデン・アザール

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が、今冬に移籍することはないと断言した。スペイン『アス』が伝えている。

 アザールの移籍先最有力とされるのは、レアル・マドリーだ。同クラブは今夏での獲得に失敗したが、来夏もオファーを出すとみられていおり、アザール自身も「レアル・マドリーに行くのは小さい頃からの夢だった」と公言するなど“相思相愛”。移籍成立は時間の問題とみられている。

 チェルシーとの契約は2020年6月までとなっているアザールだが、移籍を急いでいない。UEFAネーションズリーグのスイス戦に向けた記者会見で「1月にロンドンを離れる可能性はない」と断言し、目の前の戦い集中したいと考えているようだ。

●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP