beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユーベDF、渦中のC・ロナウドの様子を語る「あれだけ騒がれてるが落ち着いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DFアンドレア・バルザーリがC・ロナウドの様子を語る

 ユベントスのDFアンドレア・バルザーリがトリノで行われたイベントに出席し、同僚であるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が11日、報じている。

 バルザーリは、今夏レアル・マドリーから加入したC・ロナウドについて言及。2009年のレイプ疑惑への嫌疑がかけられながらも、冷静さを保ち、プロフェッショナルな姿勢を貫いているポルトガル代表FWの様子を伝えた。

「あれだけ外野で騒がれているが、今のところ落ち着いているように見える。良い状況とは言えない中、ピッチでは偉大なプロフェッショナルであり、ウディネでも素晴らしいゴールを決めてそれを証明した。僕らの多くがまだ獲得したことのないタイトルを経験済みの彼がチームにもたらしてくれることを願っている」

 またユーベDFは、今シーズン公式戦全勝と絶好調のユベントスについても語った。

「素晴らしいパフォーマンス、素晴らしい雰囲気でスタートできた。全試合に勝利することは決して簡単ではない。連勝し、成長を続けていくことは非常に難しいことだと思う。だがこのチームなら、すべての目標を達成することができるはずだ」

「チャンピオンズリーグでは2度決勝で敗れたが、ヨーロッパの舞台で納得できる成績を残してきた。C・ロナウドの加入もあり、かつて夢であったものが目標よりもさらに身近なものになった。今年こそは優勝できるのではないかと感じている」

 さらに5月のサウジアラビア戦以降5試合勝利のないロベルト・マンチーニ率いるイタリア代表についても自身の見解を示した。「まだチームのベースができていないような印象を受けたが、面白いイタリアだった。マンチーニは明確な考えを持っていて、将来に向けてチーム作りをしている」と擁護した。

●セリエA2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP