beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ブラサカ日本代表合宿]20歳の丹羽が最後のアピール「やれることを精いっぱいやりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

丹羽海斗(右)はバランスを崩されても一途にボールを追った

 ブラインドサッカーの日本代表合宿が13日、千葉県内で行われた。11月4日に東京・町田で行われる世界ランク2位のアルゼンチン戦にむけた最終選考の場となるが、学業とチーム事情を優先して前回9月の代表合宿を欠席した20歳の丹羽海斗はひたむきにボールを追った。

「合宿に呼んでいただき、戦術を聞いて学んだり、いろいろ勉強させていただいている貴重な場です。戦術は理解しているつもりでしたが、それをうまく発揮できなかった場面があってあまりアピールはできなかった」

 丹羽は絶好機にシュートをうまく打てないと、大声をあげて悔しさをあらわにする場面もあった。思ったようにプレーできない歯がゆさを感じていた丹羽とは対照的に、高田敏志監督はこう評した。

「技術的にはまだ課題は多いですが、人間性、取り組む姿勢が純粋。我々と練習するたびにうまくなっている。サッカーは最後、人間性だと思っています。彼は質問なんかもすごくしてくるので、求める情報には答えてあげたい。まだ20歳なので、あと20年ぐらいやってほしい」



 10歳近く離れている主将のエース川村怜にも、ドリブルで中央突破をはかるときに留意していることなどを臆せずに質問した。生後半年で網膜のガンにより、両目とも失明した。「明るい」「暗い」の概念すらないが、高校2年生の時は野球のエースとして全国大会で優勝したほどの運動神経の持ち主。潜在能力は高い。

「もし(日本代表に)呼んでいただけるなら、自分にとっては初めての経験。今の自分がやれることを精いっぱいやりたい。周囲の方についていくのに必死だと思います。でも、『あきらめて何もできない』というのだけは絶対になしだと思っています」

 週明けの15日に発表される予定の日本代表10人に残るため、丹羽はきょう14日も必死にボールを追う。

▼ブラインドサッカー日本代表合宿参加メンバー
GK佐藤大介(たまハッサーズ)
GK榎本達也(FC東京)
GK高橋太郎(ラッキーストライカーズ福岡)
GK神山昌士(GLAUBEN FREUND TOKYO)
GK菅谷竜太(たまハッサーズ)
GK泉健也(free bird mejirodai)
GK佐々木智昭(コルジャ仙台ブラインドサッカークラブ)
FP川村怜(Avanzareつくば)
FP田中章仁(たまハッサーズ)
FP黒田智成(たまハッサーズ)
FP日向賢(たまハッサーズ)
FP加藤健人(埼玉T.Wings)
FP寺西一(松戸・乃木坂ユナイテッド)
FP佐々木ロベルト泉(Avanzareつくば)
FP佐々木康裕(松戸・乃木坂ユナイテッド)
FP丹羽海斗(free bird mejirodai)
FP山川聖立(Avanzareつくば)
FP近藤正徳(GLAUBEN FREUND TOKYO)
FP増田周平(Avanzareつくば)

(取材・文 林健太郎)

●障がい者サッカー特集ページ

TOP