beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]阪南大が約1か月ぶり勝利!首位大体大はドロー、2位関学大と勝ち点3差に:後期第5節

このエントリーをはてなブックマークに追加

2トップが躍動!阪南大は4発快勝!

第96回関西学生サッカーリーグ1部


 第96回関西サッカーリーグ1部の後期第5節が14日に行われた。阪南大はFW草野侑己(4年=JFAアカデミー福島)が2ゴールで今季18点目を記録するなど、立命館大を4-0で破った。

 後期開幕戦以来、勝利から遠のいていた8位阪南大は、後期3勝1敗の7位立命館大と対戦した。順位では並ぶ両者だが、試合が始まると阪南大が圧倒。前半8分、草野がDF吹ヶ徳喜(3年=名古屋U18)のクロスを頭で合わせて先制点を挙げ、同25分には再びヘディングシュートで追加点を決める。

 2点リードの阪南大は終盤からMF濱野雄太(4年=作陽高)が躍動。後半40分、吹ヶのクロスにPA内の濱野が合わせてチーム3点目を決め、後半アディショナルタイム2分過ぎにはこぼれ球を押し込み、ダメ押しの4点目とした。阪南大は4-0で約1か月ぶりに白星。後期初となる完封勝利を収めた。

 首位を走る大阪体育大は9位大阪学院大と引き分けた。大院大に開始1分で先制を許すと、後半24分にはFW井上泰斗(3年=C大阪U-18)にも追加点を許してしまう。しかし、終盤から得点ランク2位のFW林大地(3年=履正社高)が魅せる。後半40分にヘディングシュートで勢いに乗ると、後半アディショナルタイム1分過ぎにはPKを冷静に決め、2-2で試合を終えた。

 2位の関西学院大は11位近畿大に4-1で快勝。前半15分に先制点を奪われるが、同25分にDF岩本和希(3年=G大阪ユース)が同点弾を決め、1-1で前半を折り返す。すると後半17分にMF山本悠樹(3年=草津東高)が、同28分にはFW山見大登(1年=大院大高)が、同40分には11日に京都内定が発表されたMF中野克哉(4年=京都橘高)が得点を挙げ、大量4得点で逆転に成功した。

 3位の関西大は6位京都産業大との接戦を制す。0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム2分過ぎ、MF中井英人(4年=神戸U-18)のFKをFW大久保優(3年=東山高)が頭でつなぎ、最後はDF荒木隼人(4年=広島ユース/広島内定)がヘディングシュートで決勝点を挙げた。関大が1-0で3連勝としている。

 4位桃山学院大は最下位甲南大と対戦し、前半25分にDF釘貫真弘(4年=県立西宮高)と得点ランク3位のFW毎熊晟矢(3年=東福岡高)がそれぞれゴールを決めて2-0で勝利。5位びわこ成蹊スポーツ大は10位同志社大と対戦し、FW青山景昌(3年=名古屋U18)が2得点を挙げるなど大量4得点で後期開幕戦以来の勝利を手にした。

 首位大体大が引き分けたため、2位関学大が勝ち点3差に迫る。上位陣は軒並み勝利したため順位に変動はなく、勝ち点3を積み上げた阪南大が8位から7位にアップしている。

【後期第5節】
(10月14日)
[山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場]
関西大 1-0 京都産業大
[関]荒木隼人(90分+2)

びわこ成蹊スポーツ大 4-0 同志社大
[び]牛田敦也(29分)、青山景昌2(45分、82分)、井上直輝(64分)

[西京極総合運動公園補助競技場]
阪南大 4-0 立命館大
[阪]草野侑己2(8分、25分)、濱野雄太2(85分、90分+2)

桃山学院大 2-0 甲南大
[桃]釘貫真弘(25分)、毎熊晟矢(73分)

[西京極総合運動公園陸上競技場]
関西学院大 4-1 近畿大
[関]岩本和希(25分)、山本悠樹(62分)、山見大登(73分)、中野克哉(85分)
[近]川畑隼人(15分)
[MOM564]関西学院大GK妻鹿寛史(4年)_這い上がってきた守護神、「ラストイヤーは譲れない」

大阪体育大 2-2 大阪学院大
[体]林大地2(85分、90分+1)
[学]和田幸之佑(1分)、井上泰斗(69分)


順位
チーム
勝点
試合
得点
失点
得失
1
51
22
16
3
3
48
16
+32
2
50
22
16
2
4
52
23
+29
3
46
22
14
4
4
43
28
+15
4
41
22
12
5
5
51
29
+22
5
37
22
11
4
7
41
24
+17
6
33
22
10
3
9
40
32
+8
7
26
22
7
5
10
36
40
-4
8
26
22
7
5
10
25
31
-6
9
22
22
6
4
12
38
46
-8
10
20
22
6
2
14
37
46
-9
11
15
22
4
3
15
24
47
-23
12
8
22
2
2
18
19
92
-73


●第96回関西学生リーグ特集

TOP