beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

麻也を驚かせた“仲間たち”「満足せずにと言いたいけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表DF吉田麻也

[10.16 キリンチャレンジカップ 日本4-3ウルグアイ 埼玉]

 強豪ウルグアイから勝利を収めた。3失点を喫しての勝利に、日本代表のキャプテンを務めるDF吉田麻也(サウサンプトン)は「ディフェンスとしては複雑」としながらも、取られてもすぐさま取り返す攻撃陣の姿に「正直驚いている」と笑みを浮かべつつ振り返った。

 前半10分にMF南野拓実の得点で先制しながらも、同28分にセットプレーの流れから失点。そして同36分にFW大迫勇也が勝ち越しゴールを奪いながらも、後半12分にDF三浦弦太の不用意なバックパスから再び同点に追い付かれてしまう。だが、日本攻撃陣の勢いは止まらない。直後の同14分にMF堂安律、さらに同21分には南野がネットを揺らしてリードを2点差に広げる。その後、同30分にウルグアイに1点差に詰め寄られながらも、逃げ切りに成功して4-3の勝利を収めた。

「正直ものすごい試合をしたんじゃないかなと思う。本来なら、『ここで満足せず』と言いたいけど、僕もビックリするくらい前線が点を取ってくれて、正直驚いている」

 ロシアW杯後、今回が日本代表初合流。メンバーが大幅に変わり、吉田自身はキャプテンを任されることになった。「若い選手と一緒にやっていても、話していてもすごく向上心があって、凝り固まり始めたサッカー頭脳を皆から刺激をもらい、また柔軟にしていきたい」。新たなチームメイトから大きな刺激を受けつつ、4年後のカタールW杯に向けて一歩一歩進んでいく。

(取材・文 折戸岳彦)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP