beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ケイタ負傷でリバプールが野戦病院化…代表戦で4人目の負傷者に

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表戦で負傷したMFナビ・ケイタ

 リバプールに負傷者が続出している。英『BBC』によると、ギニア代表MFナビ・ケイタが代表戦で負傷したようだ。

 ケイタは、16日に行われたアフリカ・ネイションズカップ予選のルワンダ戦(1-1)でハムストリングを負傷。リバプールに戻って、検査を受けるという。

 リバプールは今回の国際Aマッチウィークで故障者が相次いでいる。ケイタは、エジプト代表FWモハメド・サラーセネガル代表FWサディオ・マネオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクに続く4人目の負傷者となった。

 今夏加入したケイタは、ここまで公式戦10試合に出場。リバプールは今後、20日にプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦、24日にUEFAチャンピオンズリーグのレッドスター戦、27日にプレミア第10節カーディフ戦を控えている。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP