beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

20歳FWが5得点の大暴れ!! 長谷部フル出場のフランクフルトが7発圧勝で3連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

5得点のフランクフルトFWルカ・ヨビッチ

[10.19 ブンデスリーガ第8節 フランクフルト7-1デュッセルドルフ]

 ブンデスリーガは19日、第8節1日目を行い、MF長谷部誠が所属するフランクフルトがMF宇佐美貴史が所属するハノーファーと対戦し、7-1で大勝した。長谷部は5試合連続先発フル出場を果たし、ベンチスタートとなった宇佐美に出場機会は訪れなかった。

 前半18分にフランクフルトが好機を創出。高い位置でボール奪取したMFルーカス・トッロがMFミヤト・ガチノビッチとのワンツーでPA内に侵入。胸トラップから送ったラストパスがMFアダム・ボジェクのハンドを誘ってフランクフルトがPKを獲得すると、キッカーを務めたFWセバスティアン・アレがきっちり沈めて先制に成功する。

 前半26分には左サイドからMFフィリップ・コスティッチが送ったクロスをFWルカ・ヨビッチが、巧みに左足ボレーで合わせてネットを揺らし、フランクフルトが2点目を奪取。さらに同34分にはゴール前でボールを受けたアレの落としに反応したヨビッチが左足シュートで突き刺して、リードを3点差に広げた。

 3-0とフランクフルトがリードしたまま後半を迎えると、同5分にフランクフルトが加点。長谷部が蹴り出したゴールキックをアレがすらした流れから一気にデュッセルドルフゴールに迫ると、最後はアレがチップキックでゴールを陥れて4点目。同8分にFWドディ・ルケバキオの得点でデュッセルドルフに1点を返されたものの、ここから20歳のヨビッチが大爆発する。

 後半10分にカウンターを発動させて左サイドをコスティッチが持ち上がると、折り返しを受けたヨビッチが鋭い反転から右足シュートでネットを揺らしてハットトリックを達成。さらに同24分と同27分にゴールを陥れて、1人で5得点の大暴れでフランクフルトを7-1の大勝に導いた。ゴールラッシュを演じたフランクフルトが3連勝を収め、敗れたデュッセルドルフは4連敗を喫している。

●ブンデスリーガ2017-18特集
●海外組ガイド

TOP