beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川真司がロシアW杯で感じた「日本代表の本当の現実」…スペイン紙に独白

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF香川真司がスペイン紙に独白

 ドルトムントMF香川真司が、スペイン最大手紙『マルカ』のインタビューに応じた。

 今夏は、ロシア・ワールドカップに日本代表として参加した香川。足首の状態も心配されていたが、開幕戦のコロンビア戦で先制PKを決めるなど、サムライブルーの10番としての責務をまっとう。日本の2大会ぶりのベスト16進出に大きく貢献した。

 香川は、大会2か月前の指揮官交代という難しい状況ながら、グループを突破できたことを喜んでいる。

「(W杯)が始まる前に代表監督を解任した。僕たちはとても難しい状況に立たされていたが、選手たちで団結して、あのようにグループリーグを始められた。コロンビア戦の勝利が僕たちに自信を与えた」

 しかし、ラウンド16ではFIFAランキング1位のベルギー相手に2点のリードを奪いながらも、後半アディショナルタイムに逆転弾を許し敗退。この悲劇的な敗退に、香川は「日本代表の本当の現実」を感じていたようだ。

「ベスト16のベルギー戦では、最後の最後に逆転を許してしまった。いずれにしても、これが世界のフットボールにおける日本代表の現実。個人的なことを言えば、自分の成果には満足しているよ。あの経験によって、もっと向上できると思っている」

 W杯終了後、森保一監督体制が発足した日本代表。大迫勇也などのW杯組と、参加していない中島翔哉南野拓実といった新世代の融合を目指し、先日の代表ウィークでは強豪ウルグアイ相手に4-3と勝利を収めるなど、発足後3連勝を達成した。

 2022年カタールW杯へ向けて最高のスタートを切った森保ジャパン。その4年後には、香川の言う「本当の現実」を変えることができるのだろうか。また、W杯以降招集されていない香川は、サムライブルーの一員として日の丸を背負ってプレーすることになるのだろうか。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP