beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーがEL3連勝!ユース育ちの22歳MFがハットトリック達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルベン・ロフタス・チークがハットトリック

[10.25 ELグループリーグ第3節 チェルシー3-1BATE]

 チェルシー(イングランド)は25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第3節でBATE(ベラルーシ)を本拠地スタンフォードブリッジに迎え、MFルベン・ロフタス・チークのハットトリックにより3-1で快勝。3連勝を飾った。

 今大会2連勝中のチェルシーは、20日のプレミアリーグ第9節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-2)か。GKケパ・アリサバラガとMFマテオ・コバチッチ、MFウィリアンを除く8人を変更。プレミアで出番がないMFセスク・ファブレガスやDFアンドレアス・クリステンセン、DFエメルソン・パルミエリらが起用された。

 試合は開始早々の動いた。前半2分、右サイドを駆け上がったDFダビデ・ザッパコスタが相手をかわして右足でグラウンダーのクロスを供給。これをロフタス・チークが右足でゴールに流し込み、チェルシーが先制に成功する。さらに8分、右CKからMFウィリアンが右足でゴール前に蹴り込むと、ロフタス・チークが相手に抑えられながらも右足で合わせ、リードを広げた。

 さらにチェルシーは後半9分、FWペドロ・ロドリゲスがドリブルで仕掛け、PA左手前にこぼれたボールをロフタス・チークが右足シュート。相手GKに触られながらもゴール右隅に吸い込まれ、ユース育ちの22歳MFがハットトリックを達成した。34分にはFKから失点したが、チェルシーが3-1で逃げ切り、グループ首位をキープしている。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP