beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開始10分2発の京都、J3降格回避へ大きく前進! 大宮はプレーオフ圏外に転落

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を決めた京都FWレンゾ・ロペス

[10.28 J2第39節 大宮1-2京都 NACK]

 J2リーグは28日、第39節を各地で行い、J1昇格を争う大宮アルディージャはホームで京都サンガF.C.と対戦した。序盤の連続失点が響いて1-2で敗れ、プレーオフ圏外の7位に転落。勝ち点3を積み重ねた京都はJ3降格回避に向けて大きく前進した。

 第38節終了時点でプレーオフ圏内の6位に立っていた大宮は前節の横浜FC戦(△1-1)から先発2人を変更。DF菊地光将、DF酒井宣福が入った。京都も前節の新潟戦(●0-2)から2人を入れ替え、MF仙頭啓矢とFWレンゾ・ロペスがスタメンに名を連ねた。

 試合は前半から大きく動いた。京都は前半4分、PA際で前を向いたストライカー起用のDF田中マルクス闘莉王がFWカイオに預けると、DF本多勇喜につないで闘莉王にリターン。倒れ込みながらクロスを送ると、ゴール前に走り込んだレンゾ・ロペスがダイレクトで流し込んだ。

 さらに京都は前半10分、右サイドでパスを受けたカイオがカットインから左足を振り抜き、強烈なミドルシュートで追加点を奪取。対する大宮は同32分、MF大山啓輔が右CKを蹴りこむと、混戦でDF河面旺成が倒されてPKを獲得する。FW大前元紀が落ち着いて左に決め、1点を返した。

 後半は互いにチャンスを作れない展開が続いたが、大宮は後半30分、大前の右CKにMF茨田陽生がフリーでヘディングシュート。しかし、ここはGK清水圭介のビッグセーブに阻まれる。さらに同36分、左サイドを駆け抜けたMFマテウスの強烈なシュートも清水が片手で防いだ。

 5バックで必死に守る京都に対し、大宮はMF嶋田慎太郎を入れて攻勢に出る。だが後半44分、右サイドを突破した嶋田のクロスに合わせた大前のボレーはクロスバーに直撃。そのまま最後までスコアは動かず。今節は22位の熊本が引き分け、21位の讃岐(1試合未消化)が敗れたため、京都は降格圏との勝ち点差を10に広げた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第39節 スコア速報

TOP