beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

わずか140日でサヨナラ…しかし、ロペテギは「レアルに感謝したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

解任が発表されたレアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督

 29日にレアル・マドリーとの契約解除が発表されたフレン・ロペテギ監督だが、短い声明文の中でクラブへの感謝を綴っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 2016年7月からスペイン代表を指揮していたロペテギ監督は、今年6月12日にロシア・ワールドカップ後のレアルの監督就任が発表された。しかし、その発表から140日が経った10月29日にチームを去ることが決まった。

 ロペテギは「私はこのような機会を与えてくれたクラブに感謝したいし、ともに戦ってくれた選手たち、スタッフにも感謝している。もちろんファンにも感謝の言葉を送りたい。シーズン残りの健闘を祈っている」とのコメントを残している。

 なお後任は未定で、暫定でBチームのサンティアゴ・ソラーリ監督が指揮を執ることが発表されている。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP