beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-17女子W杯前に大激震…楠瀬直木監督がJFA職員への不適切行為発覚で辞任

このエントリーをはてなブックマークに追加

辞任した楠瀬直木監督

 日本サッカー協会(JFA)は1日、U-17日本女子代表(リトルなでしこ)の楠瀬直木監督の辞任による監督交代を発表した。JFA職員に対する不適切な行為があったためだという。U-19日本女子代表を指導する池田太氏が、今月13日に開幕するU-17ワールドカップの指揮を執る。

 同監督は帝京高から法政大に進み、現役時代は読売サッカークラブと本田技研工業サッカー部でプレー。引退後は指導者に転身し、14年まではFC町田ゼルビアで強化・育成統括本部長などを歴任した。15年よりU-16日本女子代表の監督に就任。2大会連続でU-17女子ワールドカップに出場する代表チームの指揮を執る予定でいた。

 U-17日本女子代表は今月13日にウルグアイで開幕するU-17女子ワールドカップに出場する。2大会ぶりの世界一を目指し、先月25日には代表メンバーを発表。今月1日にJヴィレッジで合宿を開始し、4日に出国する予定でいた。

TOP