beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シティの新星が初弾含む2ゴール!フルハム撃破でカラバオ杯8強入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラヒム・ディアスが2ゴールの活躍

[11.1 カラバオ杯 マンチェスター・C 2-0 フルハム]

 カラバオ杯(リーグ杯)は1日、4回戦の1試合を行った。マンチェスター・シティはホームでフルハムと対戦し、2-0で勝利した。12月中旬に行われる準々決勝では、レスター・シティとサウサンプトンの勝者と戦う。

 10月29日のプレミアリーグ第10節でトッテナムに1-0で競り勝ち、開幕10試合負けなし(8勝2分)としたシティ。スタメンはDFジョン・ストーンズを除く10人を変更し、怪我明けのMFケビン・デ・ブルイネ、MFリロイ・サネ、FWガブリエル・ジェズスのほか、GKアロ・ムリッチ(19)とMFフィル・フォーデン(18)、MFブラヒム・ディアス(19)といった10代の若手も起用した。

 シティは前半18分、ショートコーナーの流れからMFファビアン・デルフが左足でクロスを上げると、PA右のDFビンセント・コンパニが後方に落としたボールをディアスが右足シュート。相手に当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。なお、下部組織育ちのディアスは、トップチームで公式戦初ゴールを挙げた。

 前半24分にDFダニーロのシュートが右ポストを直撃するなど、試合を優勢に進めるシティ。44分、PA右角からデ・ブルイネが鋭いクロスを送り、フォーデンが頭で合わせるがゴール左へ。アディショナルタイム1分には、敵陣中央でデ・ブルイネがボールを奪い、ジェズスが相手3人をかわして右足シュートを放ったが枠を捉えきれず、前半を1点リードで終えた。

 後半もシティペース。後半6分、デ・ブルイネのスルーパスをPA左で受けたMFリロイ・サネが左足でクロスを供給し、ジェズスが頭で合わせるがゴール左。20分には、フォーデンとのワンツーで突破したサネがPA左のジェズスにパスを送り、ジェズスが右足を振り抜く。これは惜しくも右ポストを叩いたが、跳ね返りをディアスが左足で押し込み、2-0。リードを広げた。

 シティは後半33分、2ゴールのディアスがお役御免。MFリヤド・マフレズとの交代でピッチを後にした。39分には、デ・ブルイネが左膝あたりを痛めたようでMFクラウディオ・ゴメスとの交代を余儀なくされた。怪我から復帰間もないだけに状態が心配される。試合はそのまま2-0でシティが勝利。ベスト8進出を決めた。

●カラバオ杯2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP