beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口フル出場のハノーファー、シャルケに3発敗戦…浅野はベンチ外

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハノーファーMF原口元気

[11.3 ブンデスリーガ第10節 シャルケ3-1ハノーファー]

 ブンデスリーガ第10節2日目が3日に開催され、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーシャルケのホームに乗り込み、1-3で敗れた。原口は3試合連続フル出場を果たし、浅野はベンチ外だった。

 スコアレスで試合が進む中、前半31分にシャルケがゴールに迫り、MFズアト・ゼルダルとのワンツーからPA内に侵入したFWマルク・ウートがDFヨシプ・エレズのファウルを誘ってPKを獲得したと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入してPKは取り消される。同35分にはハノーファーがカウンターを発動させると原口が抜け出したものの、DFマティヤ・ナスタシッチにファウルで止められてフィニッシュまでは持ち込めなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、同4分に原口に好機が巡ってくる。右サイドのFWボビー・ウッドから中央でパスを呼び込むと、PA外からゴールマウスを捉える強烈シュートを放ったものの、横っ飛びしたGKアレクサンダー・ニュベルに弾き出されてしまった。すると後半11分、ウートがGKフィリップ・チャウナーのファウルを誘ってシャルケがPKを獲得。キッカーを務めたMFナビル・ベンタレブがきっちりと沈めてシャルケが先制に成功する。

 後半25分に右サイドを鮮やかなに突破したFWイーラス・ベブの高速クロスをゴール前のFWヘンドリク・ウェイダントがヘディングで突き刺してハノーファーが同点に追い付くも、直後の同26分にゴール前のこぼれ球を拾ったFWブリール・エンボロが冷静にチップキックで流し込み、再びシャルケがリードを奪う。さらに同40分にウートがダメ押しゴールを決めて、シャルケが3-1の勝利を収めた。


●ブンデスリーガ2018-19特集
●海外組ガイド

TOP