beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保は出場なし…ニュルンベルク、2度リード許すもドローに持ち込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュルンベルクFW久保裕也

[11.3 ブンデスリーガ第10節 アウグスブルク2-2ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第10節2日目が3日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクがアウグスブルクのホームに乗り込み、2-2で引き分けた。ベンチスタートとなった久保に出場機会は訪れなかった。

 前半11分に試合を動かしたのはホームのアウグスブルクだった。DFジェフリー・フーウェレーウとのパス交換からPA右に侵入したMFジョナタン・シュミッドのグラウンダーのクロスを、ゴール前でフリーになっていたFWアルフレズ・フィンボガソンが蹴り込んでスコアを1-0とした。

 1-0とアウグスブルクがリードしたまま後半を迎えたものの、同9分、右サイドを駆け上がったFWバージル・ミシジャンのグラウンダーのクロスをFWアダム・ズレラクが体を張って落とすと 反応したMFアレクサンダー・フクスが右足シュートでゴールを陥れ、ニュルンベルクが試合を振り出しに戻した。しかし同14分、シュミッドが鮮やかな直接FKを沈めてアウグスブルクが再び1点をリードする。

 だが、最後まで粘りを見せたニュルンベルクは後半43分にCKからDFルーカス・ミュールが同点ゴールを奪い、試合は2-2のドローに終わった。

●ブンデスリーガ2018-19特集
●海外組ガイド

TOP