beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アザール弟の豪快弾きっかけに逆転! 植田4戦連続フル出場のセルクル・ブルージュが劇的勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF植田直通は4試合連続で先発フル出場

[11.3 ベルギー・リーグ第14節 セルクル・ブルージュ2-1ムスクロン]

 ベルギー・リーグ第14節が3日に行われ、DF植田直通の所属する12位セルクル・ブルージュはホームで14位ムスクロンと対戦し、2-1で勝利した。連敗を回避し、4試合ぶりの白星。植田は4試合連続で先発フル出場している。

 試合は序盤から大きな動きを見せた。前半22分、PA内に抜け出したセルクル・ブルージュのMFサビエ・メルシエが後ろからMFニコラ・グランに倒され、PKを獲得。グランは一発退場となり、セルクル・ブルージュは先制する絶好のチャンスを迎えたが、同23分にキッカーのFWイルバン・カルドナが右足で放ったシュートは相手GKに阻まれた。

 その後も数的優位を生かして相手を攻め立てるも、なかなかゴールを奪えない。すると前半36分、ムスクロンのFKをDFジェレミー・タラヴェルがクリアし切れず、オウンゴールで先制を許した。

 後半もビハインドの時間が続く中、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの弟・MFキリアン・アザールがセルクル・ブルージュを救う。後半36分、自身が競ったクロスのこぼれ球を左足で豪快に蹴り込み、チームを勢いづける同点弾を奪った。

 後半44分には右CKの流れからFWディラン・デ・ベルダーが左足で押し込み、土壇場で勝ち越しに成功。そのまま2-1で逃げ切ったセルクル・ブルージュが4試合ぶりの勝ち点3を獲得した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP