beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原川が執念の決勝ヘッド!鳥栖が残留圏内に浮上…長崎はJ1残留へ厳しい状況に

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェルナンド・トーレス擁する鳥栖が勝利

[11.4 J1第31節 鳥栖1-0長崎 ベアスタ]

 J1リーグは4日、第31節を行った。ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖V・ファーレン長崎が対戦し、鳥栖が1-0で勝利した。

 16位・鳥栖と18位・長崎との“九州ダービー”は、残留を争う直接対決となった。鳥栖は、10月24日の天皇杯準々決勝・浦和戦(0-2)から5人を変更。DF小林祐三とDFジョアン・オマリ、DF三丸拡、MF高橋秀人、FW趙東建を起用した。対する長崎は、同21日の磐田戦(0-0)から1人を入れ替え、MF中村慶太に代えてMF平松宗を先発に入れた。

 長崎は前半6分、ゴールキックから鳥栖DFジョアン・オマリが頭で後方にそらしてしたボールに平松が反応。胸トラップからスライディングでシュートを放ったが、わずかにゴール右へ外れた。このシーンでGK権田修一が平松と接触。口あたりから出血が確認され、治療のため試合が約5分間中断した。

 前半28分、鳥栖は左サイドのスローインをキャプテンマークを巻いたFWフェルナンド・トーレスがバックヘッド。左サイドを抜け出したFW趙東建がPA左に進入し、右足を振り抜くが枠を外れる。長崎はアディショナルタイム3分、左サイドからMF翁長聖が上げたクロスをFWファンマがヘディングシュート。しかし、GK権田に右手一本で阻まれ、前半はスコアレスに終わった。

 均衡が破れたのは後半15分だった。トーレスが右サイドに展開すると、MF福田晃斗が右足でクロスを送り、ニアに飛び込んだ趙東建がヘディングシュート。GK増田卓也が弾いたボールをMF原川力がGK増田と接触しながらも頭で押し込み、鳥栖が先制に成功した。

 反撃に出る長崎は後半16分、平松に代えて中村、17分にはファンマに代えてFW鈴木武蔵を投入。37分にPA左角から翁長が上げたクロスを中村が完璧な左足ボレーシュートを放つが、GK権田のファインセーブに阻まれ、1点が遠い。44分には、最後の交代カードでMF米田隼也を入れたが、試合はそのままタイムアップ。鳥栖が1-0で競り勝ち、2連勝を飾った。

 一方の最下位の長崎は4試合未勝利(2分2敗)。残り3試合でプレーオフ出場圏内16位で消化試合が1試合少ない名古屋との勝ち点差は5。残留圏内15位の鳥栖とは勝ち点7差となっている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第31節4日目 スコア速報

TOP