beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[東海]後期全勝の東園大が4年ぶり3回目の優勝!! 残り2つのインカレ出場枠は4校の争いに:第19節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第57回東海学生リーグは3日に第19節を行った。首位の東海学園大は5位の四日市大に3-1で勝利。3試合を残して4年ぶり3回目の優勝を決めた。

 後期全勝中の東園大はこの試合でもリードし続けた。前半30分にMF神門滉人(2年=アミーゴス鹿児島ユース)が先制点を挙げ、同35分にはMF丸山義貴(4年=帝京大可児高)が追加点を決めてリードを広げる。後半35分には再び神門が決め、試合終了間際に失点するも試合終了。圧倒的な強さで優勝を決定させた。

 東園大は後期8試合で全勝とし、今季の成績もここまで19試合16勝3分と負けなしをキープ。ともにリーグ最多となる73得点と11失点という盤石な強さで、東海リーグを4年ぶりに制覇した。

 2位の静岡産業大と4位の中京大は0-0のスコアレスドロー。3位の常葉大学浜松キャンパスは8位の名古屋商科大に4-1で勝利した。全日本大学サッカー選手権(インカレ)出場枠は東園大を除いて残り2枠。残り3試合で可能性が残されているのは、2位静産大(勝ち点39)、3位常葉大浜松(勝ち点38)、4位中京大(勝ち点35)、5位四日市大(勝ち点33)となる。

 6位の愛知学院大は11位の静岡大に3-1で勝利。静岡大は残留圏内の10位・名古屋経済大と勝ち点8差となり、次節に勝利しなければ11位が確定して自動降格決定となる。

 7位岐阜経済大と9位愛知学泉大の対戦は点の取り合いに。2-2で前半を折り返すと、学泉大は後半27分にMF柚木啓太郎(4年=麗澤瑞浪高)が勝ち越し点を挙げ、3-2で今季初の連勝を達成した。

 10位の名古屋経済大は最下位名城大に1-0で勝利。今季19試合全敗中の名城大は最下位も決定してしまったが、残り3試合で勝ち点獲得を目指す。

【第19節】
(11月3日)
[岐阜県フットボールセンター]
愛知学泉大 3-2 岐阜経済大
[愛]母倉裕樹(3分)、安井伶(42分)、柚木啓太郎(72分)
[岐]佐藤裕斗(19分)、重松寛太(23分)

愛知学院大 3-1 静岡大
[愛]水野龍一2(29分、54分)、濱田竜煇(30分)
[静]古賀多聞(85分)

[柳川瀬公園サッカー場]
名古屋経済大 1-0 名城大
[名]駒村凌(56分)

常葉大学浜松キャンパス 4-1 名古屋商科大
[常]中村圭汰(22分)、平野琢馬(56分)、村山健(66分)、横山隼介(83分)
[名]重本大弥(90分+1)

[養老町スマイルグラウンド]
東海学園大 3-1 四日市大
[東]神門滉人2(30分、80分)、丸山義貴(35分)
[四]本村比呂(89分)

静岡産業大 0-0 中京大


順位
チーム
勝点
試合
得点
失点
得失
1
52
20
16
4
0
76
14
+62
2
42
20
13
3
4
51
25
+26
3
41
20
12
5
3
51
16
+35
4
36
20
11
3
6
59
22
+37
5
33
20
10
3
7
49
47
+2
6
27
20
8
3
9
34
42
-8
7
27
20
8
3
9
27
47
-20
8
24
20
7
3
10
28
45
-17
9
22
20
6
4
10
36
59
-23
10
22
20
6
4
10
27
52
-25
11
11
20
2
5
13
30
52
-22
12
3
20
1
0
19
14
61
-47


●第57回東海学生1部L特集

TOP