beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大津が水野2発などで快勝!劇的勝利の東海大熊本星翔、ルーテル学院、熊本国府が4強入り:熊本

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権熊本県予選は4日、準々決勝を行った。準決勝は11日に行われる。

 今夏インターハイに出場した“公立の雄”大津高は鹿本高と対戦。U-18日本代表MF水野雄太の2ゴールなどにより6-1で勝った。2連覇を狙う東海大熊本星翔高は、追いつかれて迎えた後半アディショナルタイムにMF吉岡涼斗が直接FKを決め、開新高に2-1で劇的勝利を飾った。

 5年ぶり冬の全国狙う熊本国府高は、2014年以来の出場狙う秀岳館高と対戦し、2-2のPK戦の末に勝利。前半に2点を奪ったインハイ予選準優勝のルーテル学院高熊本学園大付高に2-1で逃げ切った。

[準々決勝](11月4日)
大津高 6-1 鹿本高
熊本国府高 2-2(PK5-4)秀岳館高
東海大熊本星翔高 2-1 開新高
熊本学園大付高 1-2 ルーテル学院高

[準決勝](11月11日)
大津高 - 熊本国府高
東海大熊本星翔高 - ルーテル学院高

[決勝](11月17日)
未定 12:05 未定


●【特設】高校選手権2018

TOP