beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

代表コンビ形成へ?中島翔哉にプレミアリーグ2クラブが興味か

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中島翔哉にプレミアの2クラブが興味か

 ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉にプレミアリーグ移籍の可能性が浮上しているようだ。ポルトガル『オ・ジョゴ』が伝えている。

 中島は昨年夏にFC東京からポルティモネンセに期限付き移籍。欧州挑戦1年目で公式戦33試合に出場し、10ゴール13アシストを記録した。完全移籍して背番号を10に変更した今季も、ここまで公式戦9試合で4ゴール3アシストと結果を残している。

 代表でも10番を着けて活躍する24歳MFに対し、多くの欧州クラブが関心を示す中、同メディアは獲得を狙うクラブとして日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトン、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティの名前を挙げた。

「24歳のアタッカーはポルトガルで2年を過ごし、シーズンの終わりにイングランドに向かう可能性がある。“セインツ”(サウサンプトンの愛称)に加え、レスターがナカジマを獲得する見通しがあると言われている」

 同メディアによると、サウサンプトンはすでにスカウトを派遣し、直近のリーグ戦である3日の第9節ベレネンセス戦(1-1)を視察した模様だ。中島には4000万ユーロ(約52億円)の違約金が設定されているとみられるが、今後の活躍次第で獲得競争はさらに激化していくかもしれない。

●海外組ガイド
●ポルトガル・リーグ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP