beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

就任後3連勝を飾ったレアル暫定監督「次の試合のことしか考えていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル暫定指揮官のサンティアゴ・ソラーリ氏

 レアル・マドリーは7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループG第4節でビクトリア・プルゼニとアウェーで対戦し、5-0で大勝を収めた。サンティアゴ・ソラーリ暫定監督は、試合後の記者会見に応じた。

 レアルは開幕から不調に悩まされていたが、この日はFWカリム・ベンゼマが2得点、MFカゼミーロ、FWガレス・ベイル、MFトニ・クロースが1ゴールずつと攻撃陣が爆発。復調の兆しを見せる試合となり、フレン・ロペテギ前監督解任後は、公式戦3連勝となった。試合後の記者会見でソラーリ暫定監督は、さらに勝利を重ねていくために「次の試合が重要だ」と強調した。

「次の試合のことしか考えていない。以前にも言ったように、私は未来しか見ていないんだ。それが悪いことだとは思わないね。フットボールは瞬間瞬間のゲームなんだ。だから一番大事なのは次のゲームだと考える。昨日であれば、最も大事な試合は今日の試合だった」

「我々はよくやったよ。選手たちは素晴らしかった。でも今は、次の試合が重要だ。まずはこの試合からリカバリーすることに集中し、それから週末の試合に集中しよう」

 レアルはリーガ・エスパニョーラで11試合を消化し6位に沈み、首位バルセロナとは7ポイント差をつけられている。ソラーリ暫定監督の下、調子が上向きつつあるチームはどこまで順位を上げることができるのだろうか。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP