beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:都市大塩尻(長野)

このエントリーをはてなブックマークに追加

都市大塩尻高の目標は昨年度大会で旋風を巻き起こした“上田西越え”だ

第97回全国高校サッカー選手権

都市大塩尻高(長野)

都市大塩尻高関連ニュース


都市大塩尻高写真ニュース

▼全国大会日程
-
■出場回数
3年ぶり5回目
■過去の最高成績
2回戦敗退(08、11、15年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場4回
■監督
高橋裕之
■主将
MF清水夢希(3年)
■今季成績
[総体](県8強)
県準々決勝 2-3 上田西高
[リーグ戦]
長野県1部リーグ2位(9勝3分1敗 ※第13節終了時点)
[新人戦](県優勝)
県決勝 0-0(PK3-0)創造学園高

■予選成績
3回戦 7-1 松本深志高
4回戦 2-0 松本美須々ヶ丘高
準々決勝 3-0 豊科高
準決勝 2-1 松商学園高
決勝 2-0 上田西高
■都道府県予選準決勝布陣図&決勝メモ
4-4-2]
         野村魁
     丸山楽人  
金子恭介         太田大貴
   清水夢希 高橋佑吾
宮川遥貴         二木七翼
   野澤大稀 田島海都 
       伊藤爽真

[決勝メモ]
  昨年度の全国大会で長野県勢初の3位に入った上田西高との決勝戦。両校GKの好守などによって0-0のまま進んだ試合は後半31分に都市大塩尻が動かす。FKのクリアボールを拾ったMF金子恭介(3年)がDF2人を置き去りにして左クロス。これをFW野村魁が頭で合わせて先制した。上田西も反撃。後半アディショナルタイムのCKではGKも上がってゴールを目指したが、都市大塩尻はそのカウンターからFW丸山楽人(3年)が決めて2-0。昨年度の選手権予選、今年の総体予選で敗れていた上田西にリベンジして3年ぶりの優勝を飾った。


■予選取材記者(編集部・吉田)チーム紹介
目標は上田西越え
 武蔵工大二高時代の08年度に全国初出場を果たし、高知高(高知)から1勝。09年4月に都市大塩尻高へ改称された後も11、14、15年度と全国に出場し、今回が通算5度目の全国出場となる。県予選決勝では昨年度全国3位の上田西に2-0で勝利。エースMF金子恭介(3年)が「上西がベスト4へ行っているので、それを越せるようにやっていきたい」と語るように、目標は上田西越えだ。
 大黒柱のMF清水夢希主将(3年)と攻守に気の利くMF高橋佑吾(3年)や金子を中心としたポゼッションから、強力SB二木七翼(3年)や金子、貴重な交代カードの左SB古瀬岳(3年)の突破力を活かしたサイド攻撃を繰り出す。加えて高橋裕之監督が「今年のチームの特長」と語るカウンターも強烈で、複数の選手が絡んでゴールを陥れる形がある。シード校として2回戦から登場する全国でも県予選で好守を見せたGK伊藤爽真(3年)らが後方を支え、遅攻・速攻の両刀をを持つ攻撃陣がゴールをもぎ取ってまず1勝。そして、上田西越えを狙う。
■予選取材記者(編集部・吉田)注目選手
際の戦いで存在感示すリーダー
MF清水夢希(3年)
「苦しい時に体を張って戦うことのできるキャプテン。準決勝では魂の同点ヘッド。質の高いロングボールなども操る」

攻撃力ピカイチのエース
MF金子恭介(3年)
「準決勝では同点アシストと決勝ゴール、決勝でも2人抜きからの先制アシスト。突破力に秀で、ボールを持たせると厄介な存在だ」

“信濃の重戦車SB”
DF二木七翼(3年)
「迫力十分の攻撃参加に注目の強力SB。『自分が攻撃の中心に』と意欲的に攻めて相手の守りをこじ開ける」

■過去の全国大会成績
【15年度 第94回(2回戦敗退)】
2回戦 0-1 神戸弘陵高(兵庫)
【14年度 第93回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 高川学園高(山口)
【11年度 第90回(2回戦敗退)】
2回戦 0-1 立命館宇治高(京都)
【08年度 第87回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK9-8)高知高(高知)
2回戦 0-3 前橋育英高(群馬)
■登録メンバーリスト
※判明後に更新予定
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018

TOP