beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルンとの頂上決戦に挑むドルトムント、ツォルクSD「どちらが本命かは関係ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミヒャエル・ツォルクSDがバイエルンとの大一番について語った

 ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、今週末に行われるバイエルンとの大一番を前に「どちらが本命かは関係ない」と語った。試合前の会見の様子を『キッカー』が報じている。

 ドルトムントは10日にブンデスリーガ第11節でバイエルンと激突する。首位ドルトムントと3位バイエルンの勝ち点差は4ポイント。順位表では上に立っているものの、ツォルクSDはブンデス6連覇中のチャンピオンに対して一切の油断はないようだ。

「我々が本命かどうかは関係のないことだ。試合前に何を口にしようがしまいがどうでもいいことだよ。誰が本命かなんてね。それで何かなるわけでもないんだから」

 また試合のポイントについて尋ねられた、ルシアン・ファーブル監督は「クレバーにオフェンスをして、クレバーにディフェンスをすることだ」と返答。先日のチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦で負傷したGKロマン・ビュルキについては、バイエルン戦に間に合う見込みで「良い感じに見えるよ」と答えた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP