beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

植田が可愛い“同居人”公開…ACL初V王手の鹿島へ一緒にエール送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF植田直通が鹿島にエール

 ベルギー・リーグ1部のセルクル・ブルージュに所属するDF植田直通が10日、自身のインスタグラム(@naomichi.ueda)を更新し、同日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第2戦に臨む古巣・鹿島アントラーズにエールを送った。

 悲願のアジア初制覇を目指す鹿島は3日、ACL決勝第1戦でホームにペルセポリス(イラン)を迎え、2-0で先勝。大会初優勝、そして主要タイトル通算20冠に王手をかけている状況だが、ペルセポリスの本拠地は8万人収容で独特の雰囲気を生み出すだけでなく、選手たちもその声援を受けて今大会ホーム6戦無敗(5勝1分)と強さを見せている。

 “鬼門”に挑む鹿島に対し、2013年から今年7月まで同クラブに在籍した植田は「BOA SORTE!」(ポルトガル語で「幸運を!」)とエールの言葉を送った。また「#同居人のクマ」とハッシュタグを付けて鹿島のユニフォームを着たクマのぬいぐるみの写真を投稿し、ファンからは「可愛い同居人」といったコメントが多く寄せられている。


●ACL2018特設ページ
★AFCチャンピオンズリーグ決勝 鹿島×ペルセポリス戦を生中継!!
●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP