beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部が2試合連続完封勝利に貢献、堅守で好調フランクフルト支える

このエントリーをはてなブックマークに追加

無失点に貢献したMF長谷部誠

[11.11 ブンデスリーガ第11節 フランクフルト3-0シャルケ]

 ブンデスリーガ第11節3日目が11日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトがホームでシャルケと対戦し、3-0の完封勝利を収めた。長谷部は3バックの中央で先発し、8試合連続のフル出場を果たした。

 リベロの位置で先発した長谷部は相手のカウンターに落ち着いて対応。前半を無失点に抑えると、後半は精度の高い縦パスを前線に配給し、ビルドアップにも効果的に絡んだ。

 フランクルトは後半16分にFWルカ・ヨビッチのゴールで先制に成功。ヨビッチは後半28分にも左クロスを左足ボレーで完璧に捉え、技ありゴール。今季9点目でドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 最後まで攻撃の手を緩めず、後半35分には右CKの流れでゴール前の混戦からFWセバスチャン・アレが押し込み、とどめを刺した。フランクフルトは3-0で完封勝利をおさめ、公式戦8試合無敗(7勝1分)と好調を維持している。

●ブンデスリーガ2018-19特集
●海外組ガイド

TOP