beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開幕13連勝でパリSGの国内無双は続く…モナコは公式戦16試合未勝利、アンリ監督就任後も低迷続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

明暗が分かれたパリSGとモナコ

[11.11 リーグアン第13節 モナコ0-4パリSG]

 フランス・リーグアンは11日に第13節を行い、パリSGは敵地でモナコと対戦。FWエジソン・カバーニのハットトリックを含む大量4得点で4-0の勝利を収めた。

 リーグ戦で開幕12試合連続勝利中のパリSGはこの試合も序盤から得点を重ねる。前半4分、PA左からFWネイマールが蹴ったボールをファーサイドのカバーニが押し込み、オフサイドの判定もビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって覆されて、先制点となった。

 前半11分にもカバーニが得点を決めるが再びオフサイドの判定。VARを用いた結果、またしても判定は覆ってゴールが認められた。前半終了までにはMFユリアン・ドラクスラーがゴールネットを揺らすが、再三のオフサイド判定。しかしこちらはVARでオフサイドが認められ、ノーゴールとなった。

 パリSGは後半に入ってもゴールラッシュは止まらず。後半8分、PA左のFWムサ・ディアビの折り返しをカバーニが押し込んでハットトリック達成。同19分にはネイマールがPKを決めてダメ押しの4点目とした。試合はパリSGが4-0で勝利し、怒涛の開幕13試合連続勝利は継続した。

 一方、モナコの大不振も継続中だ。8月11日のリーグアン開幕戦の白星以降は公式戦16試合未勝利(5分11敗)。ティエリ・アンリ監督が就任したリーグアン第10節以降も変化はなく、順位も19位に沈んでいる。

●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP