beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「3人の描く絵が同じ」と話す堂安律、“新ビッグ3”の呼称には「比較にならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表に合流したMF堂安律

 代表での活躍が海の向こうにも伝わった。日本代表MF堂安律(フローニンゲン)は2日のエクセルシオール戦(○4-2)、11日のヘーレンフェーン戦(○2-0)と2試合連続ゴールをマーク。「チームも勝てているし、個人的にも得点を取れている。いいフィーリングで日本に帰ってこれた」と、心身ともに充実した状態で合宿2日目の練習から合流した。

 10月16日のウルグアイ戦(○4-3)でA代表初ゴール。前回の代表合宿前はクラブで1トップを任されていたが、ここ2試合はいずれも右サイドハーフで出場している。「(フローニンゲンの)監督がウルグアイ戦を見てくれたみたいで……」と明かすと、「(1トップと右サイドハーフの)どっちがやりやすいかって、コミュニケーションを取りながら。右サイドで固定して使うということだったので、代表でもやっているポジションだし、頭の中はハッキリした」と、監督と直接話し合ったうえで“定位置”におさまったようだ。

 ウルグアイ戦で2ゴールを決めたMF南野拓実、新10番のMF中島翔哉を含めた2列目のコンビネーションについて「3人の描いている絵が同じ瞬間が多い。共通認識を持ってやれている」と自信を見せる一方、MF本田圭佑、MF香川真司、FW岡崎慎司に代わる“新ビッグ3”との呼び声に対しては「まだまだだし、比較にならない。これから追いついていけるように頑張りたい」とあくまで謙虚に言った。

 アジアカップ前最後の強化試合となる16日のキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦(大分)、20日の同キルギス戦(豊田ス)に向け、「チームとして2試合勝つことが必要」と意気込む20歳の若武者は「それにどう貢献するかといったら、絶対にゴールやアシストが必要。それができなかったら(日本代表に)来る必要はないし、そのために呼ばれていると思っている」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP