beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大混戦J2がついに決着…松本が初優勝!!大分は2位で昇格、PO出場は町田を除く3チームに

このエントリーをはてなブックマークに追加

J2最終節が各地で開催された

 J2第42節が17日14時に各地で一斉開催された。J1自動昇格をつかんだのは、初優勝を果たした松本山雅FCと2位・大分トリニータ。また、J1参入プレーオフには、J1ライセンスを持たない4位・FC町田ゼルビアを除く3位・横浜FC、5位・大宮アルディージャ、6位・東京ヴェルディの3チームが出場する。

 今季J2は最終節まで優勝と昇格チームが決まらない大混戦となった。前節まで首位をキープしていた松本はホームに11位・徳島ヴォルティスを迎え、スコアレスドロー。ただし、他会場の2位・大分がアウェーで12位・モンテディオ山形と1-1で引き分けたため、勝ち点1差で初優勝を飾るとともに4年ぶりの昇格を果たした。大分は2012年以来16年ぶり2度目のJ2制覇こそ逃したが、自動昇格圏内を堅持。6年ぶりのJ1復帰を決めている。

 プレーオフ争いも最後まで激しくもつれた。3位・町田は本拠地で5位・東京Vと1-1のドロー。4位・横浜FCは敵地で8位・ヴァンフォーレ甲府を1-0で下し、7位・大宮もアウェーで14位・ファジアーノ岡山に1-0で勝利した。一方、6位・福岡はホームで19位・FC岐阜と対戦し、0-0の引き分け。この結果、福岡がプレーオフ圏外に転落し、入れ替わりで大宮が出場権をつかみ取った。

▽上位の順位表(第42節終了時)
1位:松本山雅FC(77、20)
2位:大分トリニータ(76、25)
―――自動昇格―――
3位:横浜FC(76、19)
4位:FC町田ゼルビア(76、18)
5位:大宮アルディージャ(71、17)
6位:東京ヴェルディ(71、15)
―――J1参入プレーオフ―――
7位:アビスパ福岡(70、16)

※カッコ内は勝ち点、得失点差

▽試合結果
山形 1-1 大分 [NDスタ]
千葉 0-0 栃木 [フクアリ]
町田 1-1 東京V [町田]
甲府 0-1 横浜FC [中銀スタ]
松本 0-0 徳島 [サンアル]
新潟 0-2 山口 [デンカS]
金沢 3-1 水戸 [石川西部]
岐阜 0-0 福岡 [長良川]
岡山 0-1 大宮 [Cスタ]
讃岐 0-2 京都 [ピカスタ]
熊本 3-0 愛媛 [えがおS]

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第42節 スコア速報

TOP