beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“無謀な挑戦”実現させた40歳オールドルーキー、水戸FW安彦が契約満了「僕の終わりなき旅はここから」

このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸FW安彦考真が契約満了(本人のインスタグラムより)

 水戸ホーリーホックは18日、FW安彦考真(40)と契約期間の満了に伴い、来季の契約を更新しないことを発表した。

 安彦は神奈川県の新磯高を卒業後、ブラジルのグレミオ・マリンガと契約を結ぶが、リーグ開幕前の大怪我により帰国。その後、一度現役から退き、指導者や通訳を務めた。しかし、再びプロ選手としての道を模索すると、今年1月から水戸の練習に参加。3月31日には正式加入が発表された。

 異例となる40歳でのJリーガー誕生。安彦は加入に際し、クラブ公式サイト上で「多くの賛否を受けながら『40歳でJリーガーになる』という『無謀』な挑戦は、多くの方の支援と理解のもと、今日から『希望』へと変わりました」と意欲を示していた。

 Jリーグデビューを目指し、第23節から選手登録されたが、リーグ戦でのベンチ入は叶わず。天皇杯を含めた公式戦の出場はなかった。

 安彦は水戸のクラブ公式サイトを通じ、次のようにコメントしている。

「感謝・感謝・感謝!」

「オールドルーキーとして経験できた水戸ホーリーホック最高!!いつだって、何をしていたって、始めるのに遅いなんてことはない!周りを気にせず、自分に忠実に行動したらいい。僕の『終わりなき旅』はここからです。旅の途中こそ一番輝いている。そんな人生をこれからも送っていきます」

「迷いは行動前、悩みは行動後。皆さんも、その場に立ち止まらず、動き出して悩み多き人生を送ってください!」

「水戸の地に心からの感謝を贈ります。みんな、ありがとう」

以下、クラブ発表プロフィール

●FW安彦考真
(あびこ・たかまさ)
■生年月日
1978年2月1日(40歳)
■身長/体重
175cm/74kg
■出身地
神奈川県
■経歴
相武台中-新磯高-グレミオ・マリンガ(ブラジル)-ジャパンスポーツサイエンスカレッジ-エドゥサッカーセンター-ブレッサ相模原-南FC-エリースF.C.-水戸
■Jリーグ出場記録
なし

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP